脇の匂い消し力が数字でわかった!最強の制汗クリーム実験室

制汗剤7種の「脇の匂いを消す力」をニオイチェッカーで測定

もう悩まない!脇の匂いを消す方法ガイド » 5人のワキガの匂い悩みにお応え » ミョウバンがワキガに効く?

ミョウバンがワキガに効く?

薬局に行くと、たくさんの制汗剤が並んでいます。デオドラント製品は汗腺の出口を塞いで汗の量を少なくする効果があるもの、抗菌剤が含まれていて雑菌の繁殖を抑える効果があるもの、あるいは両方の効果が含まれているものなど、実に多種多様。しかし、脇のニオイを抑えたい気持ちのあまり、毎日何回もデオドラント製品を使っていると、肌の常在菌のバランスが崩れ、逆効果になることも。そこで、たまにはデオドラント製品を休んで、副作用のない安全な制汗剤・ミョウバンを使ってみましょう。

ミョウバンがワキガに効く理由

ミョウバンは世界で一番古い制汗剤。古代ローマ帝国時代から使われていました。ミョウバンはアルミニウムを含むので、ヨーロッパでは「アルム石(苦い塩)」と呼ばれています。ミョウバンを脇に塗ると、汗の中に含まれるたんぱく質と結合して凝固物を作り、それが汗腺の出口を塞いで汗を抑えてくれます。効果は6~7時間ほど持続しますから、市販品と大差ありません。

ミョウバン水の作り方

ミョウバンは薬局などで購入でき、材料は以下の通りです。

  1. ペットボトルに水道水と焼きミョウバンを入れる。
  2. そのまま2~3日放置しミョウバンが溶けるのを待つ。液体が透明になったら完成。冷蔵庫で1~2週間は保存可能。
  3. できた原液を水道水で20倍から50倍に薄めて制汗剤にする。原液にレモン一個を絞ったり、水道水の代わりに濃い緑茶を使うと、さらに効果がアップ。

ミョウバンはアルミニウムの化合物ですが、塩化アルミニウムも制汗剤にしばしば使われています。こちらも薬局で購入可能、ビンに入っているので薄めずにそのまま脇に塗布して使用できます。ただし、人によってはかぶれることもあるので、注意が必要。

このように、ミョウバンや塩化アルミニウムなど、薬局に売っているものでお手製の制汗剤を作ることもできます。実際に作るとなると、時間がかかりますし管理も大変。そういう人には、やっぱり市販の制汗剤がおすすめです。ミョウバンや塩化アルミニウムのように、汗腺を塞いで汗をしっかりと抑える成分が入っているのは、クリームタイプのものが多いです。興味がある人は、別のページでおすすめのデオドラントクリームを実験検証しているので、参考にしてみてください。

人気の制汗剤7つで実験!
本当に殺菌力が高いのはどれ?