脇の匂い消し力が数字でわかった!最強の制汗クリーム実験室

制汗剤7種の「脇の匂いを消す力」をニオイチェッカーで測定

もう悩まない!脇の匂いを消す方法ガイド » 5人のワキガの匂い悩みにお応え » ワキガになる年齢は?

ワキガになる年齢は?

ワキガは「遺伝体質」。ですので、それまでワキガでなかった人が突然ワキガになるようなことはありません。ただ、ある一定の年齢になるとワキガ臭が気になるようになり、自分はワキガだったんだ!と知る人もいます。

ワキガが強くなる時期

ワキガ体質の人には、ニオイが強くなる時期があります。まず思春期。女性ならば初経から2~3年が経過した頃、男性ならば思春期に入る少し前、年齢でいえば十代前半から匂うようになってきます。ほとんどの人が高校生になる頃には意識するようになるでしょう。そこからピークは二十代前半頃まで続くと言われています。

これは、ワキガ臭の元となるアポクリン腺が大人のものとして発達するからです。ワキガ臭は、そもそもが性フェロモンとしての役割を担っていました。そのため、生殖年齢に適合する時期は強くなるのです。ですから女性は閉経を迎える頃、男性ならば六十代から七十代の頃にはワキガ臭が激減します。

また、中年期になってワキガの臭いが強くなったと悩む人もいます。繰り返しますが、ワキガは遺伝する体質。性ホルモンが活発になるとニオイが強くなるモノです。大体30歳から40歳になって急にワキガ臭が強くなることは考えられません。

例外として考えられる原因はストレス

人は緊張すると、汗が出ます。この汗は体温を調節する機能として汗で、エクリン腺から出てきます。エクリン腺から出る汗そのものはニオイがないのですが、皮膚にいる雑菌がニオイの元となる悪臭を発生させます。汗の量が増えれば、必然的にニオイも強くなるというわけです。

何らかの原因、例えば肉体的、精神的ストレスから多汗症になってしまい、エクリン腺による脇の汗が増えて、ニオイが目立った結果「もしかして、自分はワキガになった?」と焦るケースがあります。中年になって汗のニオイを意識するようになったら、汗の量やストレスについて一度振り返って考えてみましょう。

まずは自分でできるケアから始めよう

他人がワキガだと、なかなか指摘しにくいもの。一方「クサい」という心ない言葉を平気で言う人も。思春期にそんな言葉を浴びせられ、脇のニオイがコンプレックスになったケースは数知れません。

また中年期になれば社会的な関係も大きくなり、ワキガは障壁になりえます。だからこそ自分がワキガだと気付いたら早めのケアが重要になります。軽度から中度のワキガであれば、市販のデオドラント製品でも効果は十分。このサイトでは、どの製品が優れているのか実験検証しているので参考にしてみてください。

人気の制汗剤7つで実験!
本当に殺菌力が高いのはどれ?