脇の匂い消し力が数字でわかった!最強の制汗クリーム実験室

制汗剤7種の「脇の匂いを消す力」をニオイチェッカーで測定

もう悩まない!脇の匂いを消す方法ガイド » 5人のワキガの匂い悩みにお応え » 産後にワキガになるって本当?

産後にワキガになるって本当?

ニオイケアには気を遣うことが多い女性。そのなかでも「今までは気にしていなかったのに、出産後、急に脇の汗が気になるようになった」という人が少なくありません。出産後、ワキガになる理由とは何なのでしょうか。

産後にワキガになる理由

女性は一か月のうちに2種類のホルモンが分泌され、そのバランスによっては大きな影響を受けることもしばしば。胸が張る、イライラする、食欲の増加などは当てはまる人も多いでしょう。あまり話題には上がりませんが、生理前の数日間、脇のニオイが強くなるというケースもあるのです。これは、ホルモンの変化で体温が上昇し、汗をかきやすくなるのが原因。汗の量が増えれば雑菌も繁殖しやすくなり、ニオイが強くなるのです。

この現象と同じ理屈で、産後の体臭に変化が出るパターンがあります。産後も、やはりホルモンバランスが崩れやすい状態。体温の変化もあって、汗をかきやすくなります。また、出産後は免疫力も落ちていて、余計に雑菌が繁殖しやすい環境に。だから、ニオイが強くなったのかと驚いてしまうのです。母乳育児をしている人のなかには、乳腺が刺激され、ワキガの原因であるアポクリン腺も活発化し、ワキガ臭を発してしまう人がいるようです。

ワキガとワキガ体質の違い

出産後、ワキガになった!と悩む人は、2パターンに分かれます。まず、ホルモンバランスが原因で汗の量が増え、汗の臭いが強くなったタイプ。このタイプは「ワキガ体質」ではありません。そもそも、ワキガは髪の毛の色や一重まぶたや二重まぶたのように遺伝するもの。生まれつきの性質です。本当にワキガ体質なら両親のどちらかがワキガであったり、アポクリン腺が活発に働く思春期以降にワキガに悩んだ経験があるはず。今までそんな経験がなかったのならワキガ体質の可能性は低いので、汗のニオイ対策をすれば大丈夫。

もう一つは、もともとワキガ体質を受け継いでいた人が、産後を機にワキガを意識するようになったタイプ。日頃のケアを十分にしていれば抑えられていた、という軽度の人も多いでしょう。このタイプは、ホルモンバランスというよりも、体の変化が原因と考えられます。女性は出産すると赤ちゃんに母乳をあげるため、乳腺が発達します。実は、乳腺付近にはアポクリン腺も存在しています。乳腺の活動に感化され、今まで活発化していなかったアポクリン腺も働き始め、ワキガが誘発されるようになるのです。
この場合は汗腺が発達してしまったことが原因なので、ワキガ臭が元のように薄くなることは期待できません。

産後のニオイケアはどうする?

出産後は赤ちゃんのお世話でめまぐるしく、なかなか自分の時間が取れません。脇のニオイが気になる時は、こまめに制汗スプレーを吹き付けるよりも、一度塗れば一日中効果が持続するクリームタイプの制汗剤がおすすめ。ドラッグストアなど身近な場所で売っているものを選べば、赤ちゃん用品を買うついでに購入できるので便利ですよ。

人気の制汗剤7つで実験!
本当に殺菌力が高いのはどれ?