脇の匂い消し力が数字でわかった!最強の制汗クリーム実験室

制汗剤7種の「脇の匂いを消す力」をニオイチェッカーで測定

もう悩まない!脇の匂いを消す方法ガイド » 早めが大事!ワキガのセルフチェック » そもそもワキガの原因や症状は?

そもそもワキガの原因や症状は?

自分のニオイはなかなか気付きにくいものです。もし、自分がにおっているかも?と思っていても、それが「汗臭い」だけなのか「ワキガ」なのか、きちんと判断できる人は少ないはず。そもそも、汗臭いことと、ワキガにはどんな違いがあるのでしょうか。臭う原因や症状について紹介します。

ワキガかどうかの見分け方

ニオイはデリケートな悩みの一つです。家族や友人に確認してもらうといっても、恥ずかしいものですよね。ここでは、自分のニオイがワキガなのかを見分ける方法を紹介します。

簡単に見分ける方法の一つは「耳垢のタイプ」です。耳垢には白っぽく乾燥しているものと、茶褐色で湿り気のあるものに分かれます。この場合後者のほうがワキガである可能性が大。キャラメル状で粘り気のある耳垢ほど、ワキのニオイが強い人が多いそうです。

耳垢の種類が分かれる理由としては「アポクリン汗腺」の働きが大きく関係しています。通常、体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類が存在していますが、耳の中にはアポクリン汗腺1種類しかありません。耳垢が乾燥しているタイプの人は、アポクリン汗腺がさほど活発ではないため、ワキガの確率が低くなるそう。一方、耳垢の色が濃かったり、湿っていたりする場合は、アポクリン汗腺が活発である可能性が高いため、ワキガ率も高まるのです。また、アポクリン腺も多い人は、耳の中にある毛が多いといわれています。

ちなみに、ワキガ臭に似ているニオイは「ネギ・玉ねぎ・香辛料・鉛筆」といったものです。自分のニオイを具体的に知る方法としては「ティッシュやサランラップ、ガーゼを使ってニオイを確かめる」こと。ティッシュやサランラップなどをワキの下に挟み、その状態で汗をかいたあと、ニオイをチェックしてみましょう。

ワキガの具体的な症状は?

もしワキガになった場合、どのような症状が表れるのでしょうか。いくつか具体例をあげて紹介します。

洋服のワキの下が黄ばみやすい

ワキガの人は、洋服や下着のワキ下に黄色いシミが出来やすくなります。アポクリン腺の汗はたんぱく質をはじめ、脂質やアンモニアといった、さまざまな物質が含まれているのが特徴。これらの成分が洋服につくと、黄ばみやシミができてしまうのです。ただし、制汗剤やデオドラント剤を使った場合でも、服に色がつくことがあるため、ワキ下のシミや黄ばみは、すべてワキガが原因とはいえません。

ワキの下に汗をかきやすい

運動をしたときや、暑さを感じたとき、緊張する場面に遭遇したときなど、人は様々な場面で汗をかくもの。ですが、季節やシチュエーション問わず、アポクリン腺の汗が絶えず出ている場合はワキガの可能性が高いといわれています。一方、エクリン腺の汗が大量に出る場合は多汗症の可能性が高く、ワキ以外の部分も汗が出るのが特徴的です。多汗症だからワキガになる、というわけではないため、汗をかく箇所や汗をかくシチュエーションを細かく確認しましょう。

ワキに白い粉がつく

ワキに白い粉がつくのはいくつか原因があります。1つは「アポクリン汗腺から出た汗の結晶」が原因です。2つ目の原因にはワキの下に付着した「カビ(真菌)」があげられます。ワキの下は汗をかきやすく、ムレが発生しやすい場所。何かしらの原因でワキ毛にカビがついてしまうと、そのまま繁殖してしまう可能性があります。3つ目の原因は「デオドラント剤」の使用です。デオドラント剤のなかには白い粉が含まれているものがあります。そのため、必要以上に使うと白い粉がワキに付着したまま残ってしまうのです。

どうして匂いが起こるのか?

そもそもどうしてニオイが起きてしまうのでしょうか。それはエクリン汗腺とアポクリン汗腺、皮脂腺が大きく関係してきます。エクリン汗腺から出る汗は、耳や唇、爪の裏以外の箇所に存在している汗腺です。私たちが毎日かいている汗は、エクリン汗腺から発生します。この汗は無臭でサラッとしているのが特徴です。

一方アポクリン汗腺は、ワキやおへそ、乳首、陰部にある毛の根元といった、限られた場所に存在しています。アポクリン汗腺の大きさはエクリン汗腺と比べると何と10倍。肉眼で確認できるため、大汗腺という別名があるほどです。アポクリン汗の成分は、脂肪やたんぱく質、尿素、アンモニアなどで、少々ねっとりとしています。汗が出た直後は無臭に近く、一定の周期で分泌されるのが特徴です。

皮脂腺は表皮を守るために皮脂(脂肪)を分泌しています。皮脂が無さすぎると皮膚は乾燥してしまいますし、分泌量が多すぎると肌がベタつくためトラブルのもとに。ちなみに皮脂腺は毛の根っこを包み込んでいる「毛包」というところに付着しています。

ワキのニオイは、アポクリン汗腺から出た汗と、エクリン汗腺から出た汗が混ざり合うことで発生。その汗がワキの下全体に広がり、皮膚表面に存在する細菌と一緒になるとニオイが発生します。皮脂腺から出た脂肪がそこに加わると、強烈なニオイに変化。この強いニオイこそがワキガ臭なのです。

すそワキガの可能性も

すそワキガとは、陰部から発生するニオイのことです。通常のワキガと同様、外陰部に存在するアポクリン汗腺から出る汗により、ニオイを発します。そのため、アポクリン汗腺の動きが活発な人は、ワキガに限らず、すそワキガの可能性もあるのです。

そもそも、ワキガは遺伝が原因で起きるともいわれています。それはアポクリン汗腺の数が遺伝によって決まるからです。両親がワキガの場合、子どももワキガになる確率は7割以上、片方の親がワキガの場合は、5割以上遺伝する可能性があるそう。そのため、片方の親がワキガだと、すそワキガになる確率も高くなります。

すそワキガは、とりわけ女性に多く見られることが多く、「陰部からのニオイが強いこと」が特徴です。そのニオイが生理中に強く感じるという人は要チェック。また、性行為時にニオイが強くなるといわれています。その理由としては、性的に興奮するとアポクリン汗腺が刺激されるからです。デリケートな箇所だけに家族や友人に相談しづらく「人と接するのがイヤ」「恋人は欲しいけど、自分に自信が持てない」といった悩みを抱える人も多いようです。

重症度別にワキガをチェック

ワキガのレベルは軽度・中度・重度と3段階に分けられます。ここではワキガのレベルを重症度別にチェックできるよう、分類してみました。

軽度

入浴後やワキの手入れをした後に、ワキの下にサランラップorガーゼを挟んでもさほどニオイを感じないレベルです。しかし、手入れをしなかった場合はニオイが若干発生するため、安心はできません。すれ違ったときや、近い距離で話しているときに少しニオイを感じます。生活習慣の改善やデオドラント剤の使用でニオイをおさえることが可能です。

中度

ワキの下にサランラップorガーゼを挟むとニオイを感じるレベルです。セルフケアをしていない場合は周囲の人が「臭い」と感じるほどでしょう。汗をかきやすい夏はもちろん、冬場でも強いニオイを発します。制汗剤を使用しても数時間で効果が薄れることがあるため、ニオイを隠すことが難しくなるレベルです。

重度

ワキガ臭がかなり強くなり、ニオイが拡散されてしまうため、周囲が「臭い」と思うレベルです。時にはそのニオイが数10m2にまで広がることも。汗がついた服からも強いニオイが出るため、服を頻繁に変える必要があります。入浴時は汗をよくかくところを丹念に洗い、キレイに保ちましょう。

人気の制汗剤7つで実験!
本当に殺菌力が高いのはどれ?