脇の匂い消し力が数字でわかった!最強の制汗クリーム実験室

制汗剤7種の「脇の匂いを消す力」をニオイチェッカーで測定

もう悩まない!脇の匂いを消す方法ガイド » 【全部で5ジャンル】脇の匂いを消す具体的な対策 » グッズ系

グッズ系

毎日のエチケットとして臭わせないケアをしている人はたくさんいます。ワキガに悩んでいる人向けのグッズも日々開発され、改良されつつ販売されています。ニオイ対策として、どんなものをどのように使用すべきなのか紹介します。

汗ふきシート

外出先やスポーツの後など携帯性が高くて便利なグッズです。ただ汗を拭うだけでも気持ちがさっぱりしますし、香り付きのものも数多く種類が出ているため、好みに合わせて購入できるのもメリットでしょう。

汗臭さを防ぐという意味で使うのならば、殺菌力があるものを使って雑菌の繁殖を抑えるだけで効果は十分。ワキガの人にはあまり効果がありませんが、少しの間だけニオイを消すくらいならば大丈夫。ワキガ臭と混ざらないように無香料で、殺菌力の高いものを選びましょう。

【POINT!】ワキガとの相性が良くない「香料入り」はNG

ワキガ対策として汗ふきシートを使うなら無香料で殺菌力が高いものを選びましょう。石鹸やフローラルの香りがする汗ふきシートを選びたくなりがちですが、ワキガ臭と混ざってしまうと悪臭になりかねませんので香料入りは不向きです。

敏感肌でかぶれやすい方は、アルコールフリータイプの汗ふきシート選ぶようにしましょう。汗ふきシートを使ったあとのスッキリ感は配合されているエタノールによるもの。エタノールは過敏に反応する乾燥肌には刺激が強すぎるので、選ぶ際はしっかり成分をチェックしてください。

わきパッド(におい用)

脇汗を服に染み込ませないために使われるのが脇汗パッド。透明のフィルムのようなものを貼るタイプ、タオルのような素材でできたタイプなど様々なものが販売されています。物理的に脇からの汗を受け止めてくれるので、ニオイの拡散を防ぐ役割があります。汗染みが抑えられるので薄着でも安心。

一日中着用していると、染み込んだ汗を餌にして雑菌が繁殖し、ニオイを放つことも。使い捨ての薄型タイプでこまめに交換したり、ニオイを防止するために殺菌効果があるタイプを選びましょう。

【POINT!】ワキガ特有の黄ばみを防いでくれる

わきパッドは脇から出る汗を吸収してくれるので、ワキガ特有の黄ばみを防いでくれます。ワキガが原因で買った服がすぐ黄ばんでしまう方は、わきパッドを使うことで黄ばみ対策が可能です。しかし、脇汗の多い体質の方だと、わきパッドだけでは吸収しきれない場合があります。

何回も貼りかえる必要が出てきて手間が掛かるといったことが欠点です。脇汗がわきパッドにすべて吸収されることで、アポクリン汗が一箇所に集中し凝縮され、強いニオイを発生させてしまうことも。また、脇に住みついている雑菌を繁殖させてしまう原因になることもあります。

制汗剤(スプレータイプ)

制汗剤といえばスプレータイプと考える方も多いのでは?脇に吹きかければいいだけなので手軽に使えますし、小さいものなら携帯性に優れています。身近に売られているので、すぐに購入できるのもメリット。夏など暑い時期はスプレーの冷たい感覚に癒される人もいるはず。

薬剤に含まれている殺菌成分を肌に噴射することで、雑菌の働きを抑制します。汗腺を塞ぐ効果もありますが、スプレータイプはこの機能が弱いというデメリットが。汗をかく量はそれほど多くはなく、肌のべたつきや汗臭さを抑えたいという人におすすめです。

【POINT!】一時的な体臭ケアとしてはベター

スプレータイプの制汗剤は、脇に吹きかけるだけなので手軽に使えて便利。スプレータイプには香料付きのものが豊富で、女性向けフローラル・石鹸・シトラスといった香りから無香料のものまで、さまざまな種類が存在します。しかし、スプレータイプは効果が弱めで、長時間の持続性がなく、1日中効果が続くというわけではありません。

また、殺菌力や保湿力も弱めなので、ワキガ対策としては少々力不足な部分があります。そのため、一時的な体臭ケアとして使うのがベスト。汗が出る量が少なく、肌のべたつきや汗臭さを抑えたい人におすすめです。

制汗剤(クリームタイプ)

汗のニオイを抑える、汗の量を抑えるということに特化しているのがクリームタイプ。有効成分をクリームにして肌に密着させるため、特に「汗の量を抑える」という効果が高いのが特徴です。一度塗れば、その日は一日中脇を気にせず過ごすことができるほど、持続時間が長いものもあります。

水に強く、汗で流れ落ちる心配がないタイプもあります。もし自分がワキガ、それもニオイが強いタイプだという人は、クリームタイプの利用をおすすめします。

【POINT!】脇の匂い悩みを持つ人におすすめ

ワキガ対策のクリームと言っても、薬用クリームタイプ・ジェルタイプ・ロールオンタイプなどさまざま。脇だけでなく、全身に使えるクリームもあります。その中でもクリームタイプは、手術までは必要がないワキガに悩んでいる人におすすめです。ワキガ専用のクリームは防臭や消臭力が強く、軽度のワキガであれば改善できる可能性が十分にあります。

重度のワキガの人でも手術を受けたからといって100%改善されるとは限らないので、術後にワキガ対策クリームを使うと良いでしょう。汗を抑える効果もあるので汗の量が多い体質の人にもおすすめです。

人気の制汗剤7つで実験!
本当に殺菌力が高いのはどれ?